eFit & Nutrition 更新情報
パーソナルトレーナー・米国登録栄養士の目と耳で送るフィットネス&栄養の情報。 南カリフォルニア、サンディエゴからの発信です。

プロフィール

Sayaji

Author:Sayaji
eFit & Nutrition / エクササイズ&ニュートリション スペシャリスト

 グロスナー早矢路             
Sayaji Glossner, RD,CNSD,CSCS

■Registered Dietitian(米国登録栄養士)
■Certified Strength and Conditional Specialist (NSCA)
■ACE認定パーソナルトレーナー 

栄養指導・パーソナルトレーニング・グループエクササイズ・ベビー・幼児スイミング&エクササイズ
オンラインパーソナルトレーニング・オンライン栄養カウンセリング&栄養分析



最近の記事



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ブログ内検索



リンク

このブログをリンクに追加する



FC2カウンター



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サンディエゴのスポーツメディスン

メモ入れておきます。

Coastal Sports & Wellness Medical Center

UCSD Sports Medicine
スポンサーサイト

スイミング新規募集

来週(3月第2週)から2009年のスイミングクラスが始まります。

ごく少数ですが、下記のクラス新規メンバー募集します。

木曜日ベビークラス(1歳児) 13:15~13:45
    3歳児クラス      13:45~14:15

各1名ずつ

クラス概要や料金などはこちらをご参照ください。
http://www.efitnutrition.net/swimming.html

興味のある方はぜひご連絡ください。
efitnutrition@hotmail.com
または左のメールボックスからどうぞ。

in Japan

1ヶ月以上更新していなかったために広告記事が入ってしまっていたようです。
新しい記事を更新すれば消えるとのことだったので、とりあえず更新しておきます。

現在、一時帰国で日本滞在中。

近いうちに少しは有用な記事を書いていけないといけませんね、、、」

ハワイアイアンマン

今日、ハワイ州のハワイ島ではアイアンマンレースを開催中。

今年はサンディエゴの友人が一般代表でレースに出ているので、夫は彼のタイムをチェックしながらオンラインのライブを楽しんでいる。

まだ彼のゴールまであと1時間はありそうと見当し、今はレッドソックスのプレイオフを見ている夫。

私は今日は一日仕事だったので、ライブをみる時間はなかったが、今こうして記事を書きながらライブを見聞きしているところ。

私は元々スプリンタータイプなので、長距離は大の苦手。
とてもアイアンマンレースに挑戦しようなどとは思わないが、アスリートたちのドラマを聞いたり見たりするのは楽しいものだ。



ボーナス

UCSDは毎年この時期にボーナスがでるらしい。

去年までは委託だったので、もらったことがなかったが、セルフオペレーションに変わって初めてのボーナスをもらえる権利があることのお知らせがあった。

といっても金額は年収の2%にも満たないささいなもの。
それでも予定していなかったので、ちょっとしかなくても嬉しいお小遣い。

日本ではいわゆる給与所得者ならたいてい、月給+ボーナスは年2~3回でるもので、そのつもりで金銭管理をすることが普通のはず。

アメリカではそんな支払い方したら、たいていの人は生活できないし(給料もらったら計画せずに使ってしまう)、転職が多いので双方に損する可能性があると不思議がられたものだ。

もちろん、職種などによっては日本のようにどーんとボーナスのでる会社もあるようだが、たいていは時給x勤務時間数または契約年収÷年間支払い回数で均等にWeeklyまたはBiweeklyでもらう人が多いと思う。



FNCE 2008

Food and Nutrition Conference and Expo(FNCE)が今年は10月末にシカゴで開催される。

インターナショナルフィットネスコンべンションIDEAにはほぼ毎年行っているが、栄養の国際会議は3年ほど前にアナハイムで行われたときに行って以来、2度目の参加である。

いろいろな面でコミットメントがいるので、なかなか自費では行くのを拒んでしまうのだが、今年は他に参加希望者がいないというので、仕事としていくことに立候補した。

シカゴは初めていく都市。
中小都市であるサンディエゴと違い、アメリカの大都市のひとつである。
交通機関も公的交通が発達しているようで、車はなくてもよさそうである。

3泊4日、昼間はずっと会議出席で、観光できるほどの自由時間はないが、せっかくなので、少し楽しみも交えながら行って来たいと思っている。




日本からの栄養学生

昨日はまたまた日本からの栄養学生ゲストを案内した。
前回は4名だったのに対し、なんと今回は13名、全国各地からの参加だった。

どういうツアーでどんな申し込みをして、全国あちこちから集客されているのだろうか。
春と夏と年2回来ているようだ。

キッチンエリアのみ、1時間ほどの簡単な体験ツアーなのだが、日本語で説明が受けられるので充実しているように思われるのだろう。

病院の概要を説明し、ルームサービスのシステム、RDやマネージャーの仕事などに少し触れ、実際に病院食を電話で注文、注文した病院食の試食というツアーである。

学生たちはアメリカの「アバウト」なフードサービスシステムにびっくりしているようだが、私の方が日本の細かさに感服させられる。






新マネージャー

新マネージャーが着任して、そろそろ1ヶ月。

実はこのマネージャーは生まれながらに耳の聞こえない人。

私が日本語なまりの英語をしゃべるように、いわゆる耳の聞こえない人が話すアクセントはあるが、話すことには問題なし。

ただし、耳が聞こえないので、遠くから名前を呼んだり、顔を見ないで話すと当然ながら会話にはならない。

面と向かって話せば、Lip Readingで話していることはたいてい通じる。
職場には日本人はじめ、フィリピン、中国、メキシコ、カンボジア、エチオピアと様々な移民がいるので、当然アクセントもあるし、間違った文法などもあることだろう。

すごいのは、そんな英語でもLip Readingできること。
私などRやLの発音を混同したりするので、そんなときはやはりちょっと首を傾げられるが、それでも普通に耳が聞こえる人と話すのと同じくらい通じるのである。

アクセントのある英語を聞きなれないちょっと年取った患者などと比べたら、むしろ通じやすいかもしれない。彼女と話すときはできるだけ、正しい唇や下の使い方をしようと思うと少し英語のブラッシュアップになるだろうか。

もう一ついいことは、必然的に文書でのコミュニケーションが多くなるので、伝達や指示は前のディレクターよりは徹底しやすいこと。

彼女の人格、手腕は今のところまだ未知だが、できる範囲で協力していきたい。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。